パグ犬ナナと私
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虹の橋
ナナは昨日のうちに火葬してもらい、
お骨になって家に帰ってきました。

今はただ、

寂しくて、寂しくて、胸がはりさけそうです。

亡くなった事は理解できているけれど、
家に姿が見えない現実がどうしても理解できなくて、
不思議でなりません。

もう一度ナナに触れたい、

叶わぬ願いですが、ただそれだけです。


s-s-096.jpg


s-104.jpg



昨日は、せめて夢の中でいいから会いにきてほしい…と
強く願って眠りにつきました。


でもナナに会えませんでした。


朝起きて、寂しくて寂しくて、

「ナナと夢で逢えなかった…」と泣きながら息子の話してました。


その時、何気なくカーテンの隙間から空が見えました。
すると、

s-062.jpg


大きな大きな虹の橋が出ていました。

こんなキレイで大きな虹を見たのは何年ぶりだろう。


ただの偶然かもしれないけど、

私は、ナナが私たちを元気づける為に見せてくれたようで

涙が止まりませんでした。

家族みんなで虹を見て泣きました。

ナナ、この橋を渡ってお空に行ったのかな。


ありがとうナナ!!!お母さんは少しだけ元気になれたよ!!!

スポンサーサイト
虹の橋を渡りました
なな、今朝7時18分に虹の橋を渡りました。
13才と8か月でした。

最期は、私と主人の腕に交互に抱かれて
息を引き取りました。


コメント下さってた、にゃんたさん、まいさん、
この場を借りてお礼を言わせて下さい。
優しいお言葉をかけて頂いて、涙が出るほど嬉しかったです。
本当に本当に有難うございました。


また落ち着いたら、記録に残しておきたいので
最期の様子をUPさせて下さい。




その後
ナナのその後ですが、
先々週にまた脳梗塞から眼振の発作を起こし、
茶色の水を何度も嘔吐。
今回はさすがにもうダメかと思い覚悟しましたが、
何とか乗り切ってくれました。

でもそれ以来食欲がなく、ドックフードを全く口にしなくなりました。
今は、鶏のササミを中心に、食べられそうな物を
少しずつ与えてる状態です。

ここ数日は少し食欲も回復し、このままいけるかも!と
淡い期待を抱いていたのですが、
昨日の夜からまた嘔吐、今朝も何度も嘔吐。

おとつい病院に連れて行くと、
8キロあった体重が6キロ代までに減っており、
薬も口にできない日が多くなってきたので、
2週間ほどもつ抗生物質の注射をしてもらってきました。
当初予定していた肥満細胞腫の手術も、もう無理だと言われました。
あと数日の間に、いつ何かがあってもおかしくないと言われました。

今は一日一日家で穏やかに過ごしてくれれば…と
ただそれだけです。
昨日は体調が少しよさそうだったので
久しぶりにお庭に出してあげました。
気持ちよさそうに日向ぼっこしてるナナを見てると、
涙が出そうになるぐらい幸せな気持ちになりました。
もしかしたら、またこのまま良くなるかも、なんて思ってしまいましたが、
今日は朝からものすごく体調が悪いです。
キュンキュン鳴いてばかりいるので、どこか体が辛いんだと思います。
ご飯も口にしてくれません。

心の準備はできているけれど、
やっぱり、ナナがそう遠くない日にいなくなるかもしれないと思うと、
気が変になりそうなぐらい辛いです。胸が張り裂けそうなぐらい悲しいです。
飼い主のワガママだけど、
一日でも長く私たちの傍にいて欲しいです。


s-s-070.jpg

s-s-122.jpg

s-s-125.jpg







ナナの最近の様子
ナナの介護記録を残したくて、何年かぶりにブログを復活しました。

いま13歳のナナ。

以前から、重度のアトピー、心臓肥大、変形性脊椎症など
いろいろ悪いところはありましたが、
今年の春ごろから、急激に状態が悪くなりはじめました。

変形性脊椎症の為、排便をする時に腰を抜かしたようになってしまい、
介護が必要になりました。

そして先月、私の無知でとんでもない事が起こりました。

食欲がなく嘔吐してたナナに、何とか食べて欲しいと与えたロールパン。

その1つが、ナナを危篤状態にさせてしまったのです。

ロールパンを与えて数時間後、突然激しい下痢、血便がはじまり、
ぐったりして動かなくなり、
病院に担ぎこんだ時は、血圧、心拍ともに低下しており
もう助からないかもと先生に言われました。


先生に、
「ロールパンに何か入ってませんでしたか?!!」と言われ、

レーズンが入ってました、と。


それです!!!レーズン中毒です!!!
犬にブドウ類をあげたらダメなの知らなかったんですか!!!と。


こんなに長い間犬と生活してて、ブドウ類で中毒を起こすなんて
わたし全く知りませんでした。涙


何とか一命を取りとめ、10日の入院を経て
今は家で暮らしていますが、
自分を責め、どれだけ泣いたかわかりません。


でも家に帰ってきてからは状態も落ち着き、
一緒に見つかってしまった、肥満細胞腫というガンの手術に向け
投薬治療を続けていた今日、
晩御飯を食べさせた直後、ナナに激しい発作が起こりました。


両目がぐるんぐるん回転し、頭まで回転しだし、
これはただごとではない!!!とすぐ病院にかけこみました。


結果、


脳梗塞でした。


そのまままた入院の覚悟でしたが、
様子が少し落ち着いてきたので薬を頂き、家で様子を見ることに。


帰宅してからも、眼球痙攣は続き、立ち上がるとひっくりかえる状態でしたが、
今は少し落ち着き、一人で水を飲める状態に戻りました。


でもいつまた発作が起こるかわからないそうです。

本当に怖いです。


先日この年で自動車免許を取得。
車庫入れもままならない状態ですが、人間、やる気になれば何とかなるものですね。
最初にナナが倒れた時、無我夢中で動物病院に走りました。
今は本当に免許を取得してよかったと心から思っています。


長い間ブログから遠ざかっていた間に、息子は2才になり、
この秋で3才になります。
時がたつのは本当に早いものです…。

いま、イヤイヤ期の真っ最中ですが、
ナナの病気をとおして、すごく心が成長したなと思います。


お散歩の時(今は全く行ける状態ではありませんが)、
ナナの歩調に自分も合わせたり、ナナの体調を気遣ったり…。
入院してる時、毎日毎日泣いてばかりいる私を、


「ナナは元気になってすぐ帰ってくるから、おかぁちゃん泣いたらアカン!」と
叱咤激励してくれたり。


正直、いま、辛くて仕方ないけど、
一番辛いのはナナ本人だし、息子だって辛いはずだし、
私が弱音吐いてたらダメですよね。


今は、家にナナがいてくれるだけで本当に幸せです。


ナナ、頑張ろうね!!!!!!!!


























ナナの近況
気づけば、半年以上もブログを放置してましたが、
早いもので、
ナナは12才、息子は昨年秋、1才になりました。

息子は、ママ・パパより、
ナナという言葉を先に覚え、
最近は1日中、ナナ!ナナ!と連呼してます。
ナナの事が大好きみたいです。

でもナナの老化は目に見えて進んできており、
背骨は弓なりに曲がり、
片目は殆ど見えていないし、
耳もあまり聞こえていないようです。

でも食欲だけは相変わらず旺盛です。
さすがパグ!!

今年1年も元気でいてくれて、
1日も長くナナと一緒にいたいです。

久しぶりに何枚か写真をUPします。


相変わらずマイペースな彼女。^^


ナナと一緒のお散歩は、息子テンションも
全然違います。
s-s-017_20110225163547.jpg

早くくれ~~
s-s-001.jpg

ずいぶんおばあちゃんになりました。
s-s-015.jpg

一人で歩けるようになりました。
s-023_20110225163935.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。